2泊3日 静岡・山梨・長野 一宮神社巡礼&お水取りの旅

今回は、山梨県甲斐市にある「ホテル神の湯温泉」を拠点に、

河口湖周辺・山梨、富士宮の浅間神社+温泉巡りの旅に出かけました。


[スポンサーリンク]




神の湯温泉ホテル43

「ホテル神の湯温泉」の露天風呂から見える桜と甲府の街並み

 

ホテルは「神の湯」という名前にインスピレーションを得たことと、

源泉掛け流しでたくさんの種類のお風呂がある事、

露天風呂からは桜が見えるというHPでの触れ込みだったのがポイントです。

 

甲斐市を拠点にすれば、行きは河口湖を巡ることができ、

中日は昇仙峡や甲府周辺の神社を巡ることができ、

さらに、帰りは南アルプス経由で富士宮の富士山浅間神社に寄って、

東名道から帰って来れるだろうという計画でした。

 

 

天気予報を見ながら、晴れていれば朝から神社、夕方以降は温泉、

曇り~雨ならば温泉を優先するつもりで、

ルート上、興味のありそうな神社、温泉は全てめぐる予定で

ギチギチにスケジュールを組みました。

その他にも、通りがかりにある温泉と神社は一応念頭に置いて

地図上にチェックを入れておきました。

 

ルートが決まってからレンタカーとホテルを予約。

予約したのはいずれも3日前。

スケジュールにかかった日数は2日丸々。

 

予算は

ホテル 素泊まり2泊 10,800円

レンタカー3日間   16,000円

高速・ガソリン代     9,000円

食費           8,000円

日帰り入浴       3,000円

御朱印・お賽銭代   5,000円

おみやげその他で計5万円ちょっとでした。

 

【当初の予定】

3月26日 天気予報では晴れのち曇り

夜中に東京を出る。

5:30頃 本栖湖で日の出を見る

→北口本宮浅間神社(富士吉田市)

→河口湖周辺の浅間神社4か所

→河口湖周辺の日帰り入浴2箇所

→山梨県甲斐市のホテルへ

 

3月27日 天気予報では曇りのち晴れ

昇仙峡と付近の神社

→武田神社(甲府市)

→甲斐國一宮浅間神社

→笛吹市の日帰り入浴(旅館深雪)

→山梨市の日帰り入浴(ほったらかしの湯)

 

3月28日 天気予報では1日雨

甲斐市内の日帰り入浴(山口温泉)

→南アルプス市の日帰り入浴(桃の木温泉山和荘)

→久遠寺のしだれ桜

→身延町の日帰り入浴(下部温泉ホテル守田)

→駿河國一之宮富士山浅間神社

→東名道から帰還

 

ところが、実際に出かけてみると、

思った通りにはいかず・・・。

 

【実際のスケジュール】

3月26日 天気予報通り、晴れのち曇り

河口湖周辺の道路状況「凍結」の文字に焦る

レンタカーは3日前に予約したのでスタッドレス間に合わず(^_^;)

でも、結果オーライでした♪

4:00東京発

オレンジ色の大きい不気味な満月でした。

5:30~6:30 本栖湖の日の出

*峠の展望台から見るはずが、湖畔の駐車場で済ませることに。

思ったよりも時間が空いてしまい、仮眠をするにも眠くならず。

かといって、河口湖周辺の神社は社務所が開く前の時間帯。

そこで、思い切って富士宮に行くことに。

36キロなので、本日のスケジュールはそこそここなせる予定でした。

7:30 駿河国一之宮富士山浅間神社

社務所が開いたのが9:00だったので少し長居。

→再び河口湖へ戻る

9:30 途中、目についた芝山浅間神社に寄り道

10:30 北口本宮浅間神社

11:30 道の駅富士吉田

12:00 富士吉田市内で昼食

13:30 河口浅間神社

先日は社務所が閉まっていたので御朱印をいただく

14:30 不動湯でお水取り&日帰り入浴

20Lポリタンクを運んで肩を痛める(>_<)

18:30 甲斐市のホテルへ 眠気MAX

 

3月27日 天気予報通り、曇りのち晴れ

前日の睡眠不足のため朝はゆっくり

11:00 昇仙峡の金櫻神社、夫婦木神社、夫婦木神社姫の宮

13:00 昇仙峡ロープウェイで頂上へ

14:30 武田神社

16:30 甲斐國一之宮浅間神社

17:00 旅館深雪温泉で日帰り入浴を断られる

17:30 目に留まった石和八幡宮に寄り道

18:00 ホテル付近の山口温泉へ

20:00 夕食

21:30 ホテルへ

 

3月28日 出かける前の天気予報では雨のはずが、なぜか晴れ(*^_^*)

武田神社で満開の桜街道を見て満足してしまい、

富士宮も行ってしまったことだし、

久遠寺のしだれ桜はやめて、北上して諏訪大社巡りに変更。

6:00~ホテル最後の温泉を堪能

8:30 ホテルを出る

9:00 高速で長野県に入った途端、なぜか大雨!

9:30 と思ったら、今度は晴れてきた\(^o^)/

10:00 諏訪大社上社本宮

11:30 諏訪大社前宮

12:30 諏訪大社下社春宮

13:30 諏訪大社下社秋宮

15:00 神の湯で日帰り入浴

17:00 諏訪湖畔で夕食

18:30 中央道で東京へ

19:00~21:30 途中SAで仮眠

23:30 帰還

合計800キロの旅でした♪

 

河口湖周辺の小さな浅間神社はスルーして、

結果的には、静岡、山梨、長野の一宮神社巡りになってしまいました(^_^)

ですが、どこも立派な神社で、大満足です(^^♪

また、温泉も「神の湯」繫がりで行った諏訪湖の北にある温泉が最高でした♪

 

日頃は駅の階段を上り下りするくらいで、ほとんど運動しないにもかかわらず、

神社巡りでは足が疲れることはないのが不思議ですね。

車の揺れの感覚がしばらく残っているくらいで、

毎日、快眠快食快便でした^^

 

初日にポリタンクで水を汲んで車まで運ぶのにちょっと距離があって、

もともと痛めていた肩がかな~り痛くなってしまったのですが、

そのおかげで、どこで癒されたのかがよく分かったというか、

痛めた肩が、パワースポットの探知機になってくれました(*^_^*)

 

最近は、一回の外出で写真を撮る枚数が増えたため、

コンパクトデジタルカメラの予備バッテリーと、

車のシガーライトでUSB接続で充電できるソケットを購入したのですが、

これは本当に便利でした!

iphoneもwifiが5時間くらいで充電が切れてしまうので、

予定変更した場合の地図やら何やらを調べたくても充電切れ

ということがなくて、助かりました!

最近ではコンビニで2,000円前後で売っていることも多いですが、

500円以下の安すぎる製品はパワー不足で充電に長時間かかったりするので、

買う時には注意です。

 

ちょっと準備不足だったのは、一眼レフを持って行かなかったことです(>_<)

今回は、日の出と桜&富士山を見たので、

実家に置いてあるのを持ってくればなぁとちょっと後悔。

送ってもらうにも間に合わず。。。

 

帰ってきてから調べていたら、

一眼レフのレンタルもあるんですね~。

一眼レフでも腕が良くないとアレですが、

富士山の山肌や桜の花びらの陰影なんかは、

やっぱり一眼レフでないと雰囲気が出ないなぁと、

帰ってきてから画像をチェックして思いました(^_^;)

 

*その後、27万円でデジイチを買いましたが、重たいために出番はほとんどありません^^

iphoneのカメラか5万円~のコンデジで用が足りてしまいます(>_<)

 

 

【今回の旅の関連記事】

本栖湖 富士山と日の出

静岡県富士宮市「駿河國一之宮富士山浅間大社」(お水取り

静岡県富士宮市 「富士山本宮浅間大社」の動画

静岡県駿東郡小山町 「東口本宮冨士浅間神社」(須走浅間神社)

静岡県富士宮市 「芝山浅間神社」

山梨県笛吹市 「甲斐國一宮浅間神社」

山梨県南都留郡富士河口湖「河口浅間神社」

山梨県河口湖町 「河口浅間神社」その2

山梨県富士吉田市「北口本宮富士浅間神社」

山梨県富士吉田市 「道の駅 富士吉田」(お水取り&祐気取りグルメ)

山梨県南都留郡鳴沢村 「道の駅 なるさわ」 (お水取り)

山梨県富士吉田市 「チロル」 (祐気取りグルメ)

山梨県富士吉田市 「不動湯」(お水取り&日帰り入浴)

山梨県甲斐市 「ホテル神の湯温泉」 (宿泊)

山梨県甲府市昇仙峡 「金櫻神社」 (お水取り)

山梨県甲府市 昇仙峡 「夫婦木神社」

山梨県甲府市 昇仙峡 「夫婦木神社 姫の宮」(お水取り)

山梨県甲府市 昇仙峡ロープウェイ&八雲神社

山梨県甲府市 昇仙峡 「水晶博物館クリスタルサウンド」

山梨県甲府市 昇仙峡 「仙娥滝」

山梨県甲府市 「武田神社」と桜並木 (お水取り)

山梨県笛吹市 石和温泉「旅館深雪温泉」(立ち寄り湯)

山梨県甲斐市 「山口温泉」(立ち寄り湯)

長野県諏訪市 「諏訪大社上社本宮」

長野県諏訪市 「諏訪大社上社本宮」その2

長野県茅野市 「諏訪大社上社前宮」

長野県諏訪町 「諏訪大社下社春宮」&「万治の石仏」

長野県諏訪町 「諏訪大社下社秋宮」

長野県諏訪町 「神乃湯」(日帰り入浴)



温泉で祐気取り 宿泊予約サイト】




【メニュー】

全国の一宮神社 ・全国のパワースポット ・お水取りのできる神社

伊勢神宮ガイド ・祐気取りグルメ ・源泉掛け流しのある温泉

吉方位の調べ方&自宅から100kmの地図 ・御朱印

神社・パワースポット YOUTUBE動画

祐気取り書籍 ・登山派神社ガール必需品♪

ブログ掲載・仏閣





(現在までの訪問者 322 人, 本日の訪問者1 人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください