【沖縄】琉球国一之宮 波上宮 ★★★

【琉球国一之宮 波上宮】

りゅうきゅうのくにいちのみや なみのうえぐう

沖縄県那覇市にある「波上宮」に参拝してきました。

令和2年12月2日参拝

波上宮の口コミ評価:Google4.3点/5.0点

【こんな人におすすめ】

◆一宮神社巡りをしている
◆那覇市内のパワースポットに行きたい
◆沖縄の神社に参拝したい


[スポンサーリンク]









【裏はビーチ 那覇の商業地域にあるお宮 波上宮】

沖縄旅行の最終日に、帰りの飛行機を気にしながら急いでお参りしてきました。

「波上宮」は那覇宇空港からも国際通りからも車で10分以内の商業地域にあります(渋滞があるとその倍くらい時間がかかるかもしれません)。

通りから鳥居をくぐると、そこには駐車場に誘導する神主さんがいて、参拝者の多さを物語っています。

駐車場は社殿のすぐそばに2か所あり、10数台分あります。

徒歩の場合は鳥居から階段を上がって2~3分です。

【琉球国一之宮 波上宮 フォトギャラリー】

一の鳥居

駐車場は鳥居をくぐり階段の右側を上がってすぐ。

二の鳥居

参道の途中

入口の鳥居の向こうには高層マンションが見える

手水舎

龍の口

波上宮拝殿

七五三詣りの子供たち

火神
産土神
少彦名神

明治天皇像と御製

よく見ると枯山水の砂紋

令和2年の厄年一覧

御札初穂料

御札とお守りの見本

おみくじ100円 4か国語対応

オリジナル御朱印帳、香袋癒し守、絵馬

神社の裏手には「波上宮ビーチ」

 

【波上宮 創建】

不詳

【社格】

旧官幣小社
【御祭神】

伊弉冉尊 (いざなみのみこと)
速玉男尊 (はやたまをのみこと)
事解男尊 (ことさかをのみこと)

別鎮斎
火神(ヒヌカン)
産土神(うぶすなのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)(薬祖神)

【御由緒】

遥か昔から人々は海の彼方にある海神の国(ニライカナイ)の神々に日々風雨順和にして豊漁と豊穣に恵まれた平穏な生活を祈っていた。その祈りの聖地の一つが波の上の崖端であったことから「波上宮」の始まり。

他にも波上宮のご鎮座伝説がある。ある時、毎日釣りをしていたとある里主なる者が、浜辺で光る「ものを言う石」を発見した。それから、彼は豊漁を得ることができ、この石を「霊石」として大切にしていいた。それを知った諸神がこれを奪おうとしたため、里主は波上山に逃れるとそこで神が現れ、「吾は熊野権現なり。この地に社を建てまつれ、然らば国家を鎮護すべし。」とのご神託を得た。里主は王府に奉上し、これを受けて王府は社殿を建てて篤く祀ったのが波上宮の始まりという。

【御神徳】

海上安全、豊漁、豊穣、家内安全・商売繁盛・健康祈願、神恩感謝、心願成就、合格祈願、良縁祈願、攘災招福等

【波上宮の御朱印】

*コロナ期間中は書置きになります。

【波上宮の感想】

那覇の繁華街からほど近い場所にあるこじんまりとしたお宮です。

冬でしたので、おめかしをした七五三参りの子供たちが目立ちました。

沖縄でも神社信仰が生活に根付いていることを垣間見ることができます。

次回は晴れた暖かい日に裏のビーチに行ってみたいですね。

 

【波上宮 基本情報】

〒900-0031 沖縄県那覇市若狭1丁目25−11
TEL:098-868-3697
公式サイト

【御祈祷受付】

9:30~16:00

正月三が日は7:00~19:00

【御朱印・お守り受付】

9:00~17:00

【アクセス】

◆車
那覇空港から国道58号線を北上、空港から4キロ7分。那覇国際通り商店街から1.8キロ8分。
ドラぷら
◆電車
モノレール「那覇空港駅」から「旭橋駅」(乗車10分)下車、徒歩約15分。
Yahoo!路線情報
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図










【関連記事】


温泉で祐気取り

吉方位旅行のお出かけ先が決まったら、宿泊は断然源泉かけ流しのある温泉宿がおススメです!


【宿泊予約サイト】

【メニュー】





(現在までの訪問者 1 人, 本日の訪問者1 人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください