天津祝詞(禊祓の詞)

禊祓の詞は、昇殿祈祷を受ける時に耳にすることがあると思いますが、一番初めに神主さんがあげる祝詞です。

以下は、手元にある天津祝詞です。神社によって多少の違いがあります。

高天原に  神留坐す神漏岐  神漏美の  命以ちて

 

皇親神伊邪那岐の大神

 

筑紫  日向の  橘の  小門の  阿波岐原に

 

禊祓ひ 給ふ 時に  生坐せる  祓戸の 大神等

 

諸々禍事罪穢を  祓へ 給ひ  清め 給ふと  申す 事の 由を

 

天つ 神  地つ 神  八百万神等共に

 

聞食せと  畏み 畏みも 白す

たかまがはらに かむずまりますかむろぎ かむろみの みこともちて

 

すめみおやかむ いざなぎのおおかみ

 

つくしの ひむかの たちばなの おどの あわぎがはらに

 

みそぎはらえ たまえしときに あれませる はらえどのおおかみたち

 

もろもろのまがごと つみけがれを はらえたまえ きよめたまえと まおすことのよしを

 

あまつかみ くにつかみ やおよろずのかみたちともに

 

きこしめせと かしこみ かしこみ もおまおす

 

 


【メニュー】





(現在までの訪問者 888 人, 本日の訪問者1 人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください