【鳥取】東郷湖を見下ろす小高い山の上にある安産の神様 “伯耆之國一之宮 倭文神社” ★★★

【伯耆之國一之宮 倭文神社】

ほうきのくに いちのみや しどりじんじゃ

鳥取県湯梨浜町にある「伯耆之國一之宮 倭文神社」に参拝してきました。

参拝年月日 2019/5月

倭文神社の口コミ評価:Google 4.2点/5.0点

【こんな人におすすめ】

◆一宮神社巡りをしている
◆安産祈願をしたい


[スポンサーリンク]









【伯耆之國一之宮 倭文神社】

東郷湖の畔に神社入口に向かう看板が出ている

軍人の慰霊碑

安産岩

夫婦岩

境内入口の階段まではまだ先

境内入口

鳥居

御最新・御由緒

神門と狛犬

神門

安産の神

龍の彫刻

随神(右)

賽銭箱

再び参道

右側には国指定史跡「伯耆一宮経塚」に上がる階段がある。

経塚は石柱を立てた中に経典を納めた経筒、仏像、担当などが収められている。

参道に戻って、手水舎

 

 

社殿の裏

社務所が留守の場合には宮司宅の電話番号が置いてありました。

 

【創建】
不明
【社格】
式内社・旧国幣小社・神社本庁別表神社

【御祭神】
建葉槌命
(たけはつちのみこと)
下照姫命
(したてるひめのみこと)
外五神

【御由緒】
機織り産業で栄えていたことから倭文の祖神である建葉槌命を主祭神とし、後にこの地にたどり着いて安産守護・農業開発・医薬普及に務めた大国主命の姫、下照姫命を合せてお祭りした。今でも戌の日には安産祈願に多くの参拝者がある。安産祈願は妊娠五ヶ月目の戌の日にお参りすると良いと云われている。

【御神徳】
安産守護・農業開発・医薬普及

【例祭日】
5月1日

【伯耆之國一之宮 倭文神社の御朱印】

準備中です

 

【伯耆之國一之宮 倭文神社の感想】

境内の雰囲気 ★★★★ 4.0

 

【伯耆之國一之宮 倭文神社 基本情報】

住所:〒689-0707 鳥取県東伯郡湯梨浜町宮内754
TEL:0858-32-1985
公式サイト

 

【ご祈祷受付】
9:30~15:30
1件5,000円~

【御朱印・お守り】
9:30~16:00

*神職不在の場合あり(公式サイトで確認できます)

【アクセス】

◆車
鳥取市内から:国道9号線経由、36キロ5分。
大阪方面から:中国道「院庄IC」下車、国道179号線経由、インターから69キロ1時間25分。
ドラぷら
◆電車
JR山陰線「松崎駅」下車、タクシーで3.7キロ、9分。
Yahoo!路線情報
◆高速バス
楽天トラベル高速バス予約

地図










【関連記事】


温泉で祐気取り

吉方位旅行のお出かけ先が決まったら、宿泊は断然源泉かけ流しのある温泉宿がおススメです!


【宿泊予約サイト】

【メニュー】





このエントリーをはてなブックマークに追加
(現在までの訪問者 4 人, 本日の訪問者1 人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください