【長野】真冬の戸隠神社 中社 2013 (長野市)★★★★

長野市内の「信州善光寺」に訪れた帰りに、

(過去記事→長野県長野市 「善光寺」&門前通り (食べ歩き)

せっかくここまで来たのだからと、戸隠神社の中社に寄ることにしました。

今回は無計画参拝です。


[スポンサーリンク]









長野は、市内から見える山が高いですね~。

と、関東出身の私は驚きます。

市内は、山脈の間の盆地のようです。善光寺平の名の通り。

戸隠へは、長野市内からヘアピンカーブの山道を40分ほど行きます。

積雪は多いですが、道路はきちんと除雪されていて、

とくに凍結していた所もありませんでした。

目の前には雪山が。

「社務所って何時までだっけ?」と、ガイドブックを見ると、

冬季は16:00まで受付とあり、すでに16:30を過ぎていて、焦りました^^

でも、ダメもとで、お賽銭だけでもと、さらに上って行きます。

時間がないため、途中の「宝光社」の前を通り過ぎます。

冬季は、ご祈祷者用の脇の駐車場に車を停めて、拝殿に向かいます。

正面は、新しくできた「青龍殿」。

2年前は「青龍殿」の看板がなかったのですが、できていましたね。

宝物館と挙式用控室等があります。

 

この建物ができてから、何だか中社の厳かな雰囲気がなくなってしまったような。

圧迫感があるからか、それとも参拝客が増えすぎて、穢れが・・・

なんてことを思ってしまいます。

 

もともと、中社は陰の氣が強いと言われている所ですが、

それにしても社殿以外、境内の荘厳さがなくなってしまったような。

これは、2011年に訪れた時にも感じました。

 

たまたま雪の日が2回続いたため、冬は、滝にいるはずの龍神さんも冬眠中?

 

ほとんど雪に埋もれた拝殿。

拝殿

 

【御祭神】天八意思兼命

写真では見えませんが、垂れ幕の奥は社紋の鎌卍(かままんじ)

菊の御紋は「十六八重菊」で、皇室の紋章です。

菊の御紋のある神社は、御祭神が皇室の祖先神か、

祖先神に関係のある御祭神である場合、

又は、官幣社に指定された神社だそうです。

 

戸隠神社は、旧國幣小社、別表神社ですが、

中社の御祭神「天八意思兼命」、奥社の御際神「天手力雄命」が、

天岩戸伝説に関わっているからではないかと想像しました。

 

天照大神が、天の岩屋に隠れていて出て来なかった時に、

知恵の神様である「天八意思兼命」が、

宴会や神楽を舞って天照大神の関心を引こうと画策し、

天照大神が気になって戸を開けて覗こうとした際、

力持ちの「天手力雄命」が岩戸を投げ飛ばし、

扉が飛んだ先が戸隠だったという神話があります(天岩戸神話)。

 

お賽銭箱の前から撮影

お賽銭箱は社殿の中にあり、

吹雪対策のため、ビニールのカーテンで覆われていました。

左には、「祈願串」1本 初穂料500円

名前と祈願する内容を書いて箱に入れると、

後でご祈祷していただけるとのことで、書きました。

狛犬さんたちも寒そうです。

本当は、この階段を上がってくるはずですが、

冬季は雪のため通行禁止です。

階段脇のわき 樹齢700の杉

他に2本の御神木があり、

3本杉がトライアングルになる位置に生えているそうです。

2回連続雪だったため、他の2本は確認しておりません^^

御神木アップ

杉の木に硬貨を挟まないでくださいの注意書き

こういうのは以前はなかったように思うので、ちょっと悲しいですね。

社務所に向かいます。

 

すでに受付終了の16:00を45分も過ぎていました^^

社務所に明かりがついていたので、恐る恐る尋ねると、

おみくじも御朱印にも応じてくださいました^^

 

中社の社務所では、満年齢を告げると、

神職の方が奥の神棚で祝詞を捧げて

おみくじを引いてくださいます。

ありがたいですね~

初穂料 300円

「此のおみくじは持ち帰りの上、

日常の指標にして下さい。」

一般のおみくじのように、項目はあまりなく、

シンプルな内容です。

御朱印

前回の丸っこい字の方とは全く趣が違いました。

 

シーズン中の休日は、奥社でも100人以上訪れるという大人気の神社ですが、

パワースポットブームが沸き起こる前に訪れた時と比べると、

以前の荘厳な雰囲気は失われたように思われます。

ですが、お参りしてみると、

きちんと神様とつながっているなぁと感じる神社ではあります。

 

もっと早い時間でしたら、

中社すぐそばの「うずら家」という絶品お蕎麦屋さんに

是非立ち寄ってみてください。

 

戸隠神社中社

〒381-4101 長野県長野市戸隠3506
TEL:026-254-2001
公式サイト

ご祈祷受付:午前9時~午後4時30分

アクセス

◆車
上信越道「信濃町IC」下車、県道119~39号線を戸隠方面へ、インターから19キロ30分。冬季は冬タイヤ推奨。
*長野ICからは市街地を通るため信濃町ICの方が渋滞が少なく便利です。
ドラぷら

◆電車
JR北陸新幹線「長野駅」7番乗り場(アルピコ交通バス長野駅前総合案内所前)から「ループ橋経由戸隠高原行き」に乗車(約1時間)、「戸隠神社奥社前」下車。
*冬季は奥社前には停車せずスキー場行になります。
Yahoo!路線情報
アルピコバス時刻表

*4月~11月末までは例年お得な定期観光バスあり
JR定期観光バス(小布施~善光寺~戸隠)の案内

◆高速バス
新宿・中野坂上・練馬⇔長野駅
池袋・下落合・練馬・川越的場⇔長野
成田空港・東京DL・京成上野⇔長野
名古屋・京都・大阪⇔長野
楽天トラベル高速バス予約

地図










【戸隠神社周辺の関連記事】

長野市 戸隠神社中社(お水取り)

長野市 善光寺

長野県の神社仏閣・パワースポット

甲信越地方の一宮神社

お水取りのできる神社・湧き水スポット

長野市 戸隠そば うずら家

長野県のグルメ&観光スポット

長野市 松代温泉 松代荘 日帰り入浴

長野県の秘湯


温泉で祐気取り

吉方位旅行のお出かけ先が決まったら、宿泊は断然源泉かけ流しのある温泉宿がおススメです!


【宿泊予約サイト】

【メニュー】





このエントリーをはてなブックマークに追加
(現在までの訪問者 688 人, 本日の訪問者1 人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください