2泊3日 伊勢神宮の旅 その8 皇大神宮別宮―倭姫宮

内宮そばの「神宮会館」から、

道路沿いに、 「猿田彦神社」「月讀宮」→「倭姫宮」の順にお参りしました。

この日は、雨だったので、バス停があれば乗りたかったのですが、

道路沿いにバス停はなく、探すのも面倒なのでそのまま歩くことに^^

交通手段は一番下に記載しております。


[スポンサーリンク]




倭姫宮1

「月讀宮」から出てしばらく歩くと、大きな鳥居がありました。

この鳥居の周りには石灯籠が設置されており、

夜になるとライトアップされるそうです^^

 

この通りは、「御幸道路」といいます。

1910年(明治43年)に

明治天皇の伊勢神宮への行幸のために整備された道路で、

毎年1月4日には内閣総理大臣が伊勢神宮参拝のために通過するそうです。

倭姫宮2

倭姫宮入口

倭姫宮3

雨も少し小降りになってきました。 ここも参道が長いです。

倭姫宮4

鳥居をくぐると池がありましあt。 雨なので幻想的な雰囲気です。

倭姫宮5

階段です。

倭姫宮6

手水舎です。 白い球はオーブではなく、雨だと思います^^

倭姫宮7

拝殿に着きました。 雨ですが、光がさしてきて雰囲気は良い感じです。

倭姫宮8

「倭姫宮(やまとひめのみや)」

御祭神:倭姫命(やまとひめのみこと)

日本神話で第11代垂仁天皇の第四皇女と伝えられる倭姫命。

倭姫命は、天照大神をお祀りするお宮を定めるため、 数国を経たのち現在地に伊勢神宮を創建し、 祭祀や神職の制度を定め、神道の基礎を作ったと伝えられていますが、 明治以前は倭姫命を祀る神社は作られませんでした。

しかし、宇治山田の人々が倭姫命の功績をたたえるため、 1923年(大正12年)11月5日にここにお祀りしました。

外宮の中で一番新しく、唯一、創建年が明らかとなっている宮社です。

 

これで、通り沿いの外宮別宮のお参りは終了です。

すでに、3時間以上歩きました。

しかし、ついでなので、外宮までの道のりを楽しむことにしました。

内宮から外宮までは5キロほどあるので、 お参りしながらですと、かなりいい運動になります。

倭姫宮9

鳥居を出て道路沿いに戻ります。 向かいには立派な門がありました。

「神宮文庫」の看板が。伊勢神宮が運営する図書館です。

この付近にはほかに、神宮徴古館(じんぐうちょうこかん)・農業館・美術館・皇学館大学等 があります。

倭姫宮10

後ろには、さきほどの大鳥居が見えます。 夜にライトアップされた姿も見てみたいものです。

倭姫宮11

少し歩くと、皇学館大学がありました。 授業に向かう学生さんがたくさん歩いていました。

神職の資格を取得できるのは、ここと国学院大学だけです。

倭姫宮12

またまた古いお屋敷

倭姫宮13

御師葉山大夫門の看板

この後、外宮まで40分程度歩き、宇治山田駅に戻り、 バスに乗っておかげ横丁に行きました。

朝8時半に神宮会館を出て、 結局雨の中を5時間以上歩いたことになります。

雨の日は瘴気が多いので、外出も良くないらしいのですが、 歩いて歩いて邪気を振り払ったせいか、 かえって体が軽くなりました♪

 

倭姫宮 三重県伊勢市楠部町5

TEL:0596-24-1111

‎  

大きな地図で見る





温泉で祐気取り 宿泊予約サイト】




【メニュー】

全国の一宮神社 ・全国のパワースポット ・お水取りのできる神社

伊勢神宮ガイド ・祐気取りグルメ ・源泉掛け流しのある温泉

吉方位の調べ方&自宅から100kmの地図 ・御朱印

神社・パワースポット YOUTUBE動画

祐気取り書籍 ・登山派神社ガール必需品♪

ブログ掲載・仏閣






このエントリーをはてなブックマークに追加
(現在までの訪問者 280 人, 本日の訪問者1 人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です