経津主大神(ふつぬしのおおかみ)

【神話の中の経津主大神と武甕槌大神との関係】

高天ヶ原の再興し霊神の命令を受けて、武甕槌大神と共に出雲国に下り、大國主神を説得して国譲りを成功させた神である。また、経津主大神は武甕槌大神と同様、強い霊力を持った剣の霊(布都御魂)の神格化であるとされている。

続きを読む

(現在までの訪問者 482 人, 本日の訪問者1 人)

武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)

【神話の中の武甕槌大神】

武甕槌大神は、日本神話で天神の意思を象徴する『正義の剣として重要な役割を果たす霊剣十柄剣(とつかのつるぎ~後に布都御魂剣と呼ばれ東征中の神武天皇に預けられる)の神格化である。鹿島神宮の宝物館には、全長271cmの国宝の剣(直刀)があるが、これを見れば、武甕槌大神が偉大な武人であることが納得できよう。

続きを読む

(現在までの訪問者 1,053 人, 本日の訪問者1 人)